メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

コメント力を鍛える(5)占部正尚



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2017年12月11日-




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ワンポイント・エッセイ


     
コメントを鍛える(その5) 占部 正尚



 講師の即答
を高めるために「良い点と改善点」を考える上

での判断基準として、今回は「本質を見極めること」について


解説します。


 例えば、自社の問題点について「うちは人手不足だ」と発言


する受講生がいたら、どう対処しますか?ここで真に受けてし


まうようでは、選ばれ続ける講師にはなれません。


 もし人手不足が問題点であれば、解決の方向性は「人を雇う


こと」であり、そうなると人件費が掛かり、新たに教育訓練も


必要となり、上司や先輩社員に負担が掛かるなど、別の問題が


発生します。


 人手不足とは多くのケースで、例えば「残業が多い」という


問題点の原因候補のひとつです。原因としては他にも「一人当


たりの生産性が低い」「業務の手順が標準化されていない」


「業務配分が片寄っている」など、さまざまなものが挙げられ


ます。


 このような
コメントが即できる講師は、本質を見極められる

講師として受講生からも担当者からも信頼されます。


 訓練方法としては、周囲で発生している問題や、メディアで


得られる時事問題に対して、その原因や今後の方向性について


紙に書きだす習慣を身につけることです。


 そして、常に受講生の発言について、本質がどこにあるかを


考える姿勢を持ち続けることが大切です。




-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』