メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

コメント力を鍛える(4)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2017年12月4日-




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ワンポイント・エッセイ


     
コメントを鍛える(その4) 占部 正尚



 講師の即答
を高めるために「良い点と改善点」を考える上で

の判断基準として、前回は受講生の発言が「テーマに沿っている


かどうか」を挙げましたが、今回は「発言のレベルが高いか低い


かを見極めること」について解説します。


 まず、頭の中に縦軸と横軸の図を描いてください。縦軸では受


講生の発言のレベルが高いか低いかを想定します。横軸では、受


講生の経験や期待されるレベルを想定します。この想定が瞬時に


できるかどうかで、講師への評価が決まるといって過言ではあり


ません。


 もし受講生の発言のレベルが低い場合、すなわち縦軸で判断した


際に、短絡的に「改善の指摘をしよう」と乗り出すようでは、選ば


れ続ける講師にはなれません。


 やはり、その受講生の横軸での判断を加える必要があります。


経験が少ない場合は、レベル(縦軸)が低いことを問題視せずに、


基本的な知識や情報を冷静に教え込むことになるでしょう。


 逆に経験が豊富で期待されている場合は、なぜレベルの低い発言


をしたかを受講生と一緒に考え、原因を探る必要があります。その


上で、適切な回答例を客観的に提示することが説得
を高めます。

 このように、受講生のレベルや状況に合わせた解説やアドバイス


を一瞬で分析し、提示することが信頼を高め、選ばれ続ける講師へ


の階段を昇り続けることになるのです。


  • この記事を書いた人
soshikan

soshikan

-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』