メルマガバックナンバー 大嶋利佳執筆記事

現代に活かす武道歌(36)

 毎月2回、第1、3土曜日に歴史上有名な武士や武芸者が詠んだ短歌「武道歌」を紹介しています。古くから伝わる言葉の中には、少し視点を変えて読めば、現代に生きる私たちにも役立つものがあ
ります。
 今月も、戦国時代末期に創始された一刀流に伝わる歌を取り上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生き死にのさかひを悟る業(わざ)なるを 人ききばかりしては至らじ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 人に尋ねたり、人の真似をしたりでは十分な業を身に着けることはできない、と述べています。ましてここでいう業とは、単なるスキルではなく生きるか死ぬかの境を悟るものなのです。自分自身の生き方
をしっかりと見つめ考えなければ、そこに至ることはできません。
武術に限らず、人生の大事な局面において大切な心構えだと言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メルマガバックナンバー, 大嶋利佳執筆記事

© 2022 講師道錬成道場『雙志館』