メルマガバックナンバー 大嶋利佳執筆記事

現代に活かす武道歌(42)

 毎月2回、第1、3土曜日に歴史上有名な武士や武芸者が詠んだ短歌「武道歌」を紹介しています。古くから伝わる言葉の中には、少し視点を変えて読めば、現代に生きる私たちにも役立つものがあります。
 今月も、戦国時代末期に創始された一刀流に伝わる歌を取り上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 明日ありと思ふ心に怠りて 今日いたづらに送る世の中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「明日がある」と口にして、「だから今日は、まあいいだろう」となにかと先送りにする。誰もが経験があることでしょう。今年も残すところあと3か月となりました。年頭に「今年はやろう」と決意した行動が出来ているかどうか、見直すにはよいタイミングです。
 「明日がある」は、今日の怠りを許すためではなく、未来への決意の言葉として使いたいものです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メルマガバックナンバー, 大嶋利佳執筆記事

© 2022 講師道錬成道場『雙志館』