メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

プロ意識を体現する(3)占部正尚

■ワンポイント・エッセイ
 プロ意識を体現する(3)今あるものでベストを尽くす(その3)
                                       占部 正尚

 受講生にありがちな傾向ですが、研修後半の演習でアウトプット
を出した際、講師から見て十分にスキルアップしたと思われるのに
「いや、こんなのじゃダメです」と頑固なまでに自己否定する人が
意外と多いのです。
 一見、向上心や成長意欲に富んでいるようにも思えますが、こう
いう人は、その後の成長はあまり望めません。なぜなら、多くのケ
ースで自己否定とは“出来なかったことへの言い訳”であり、次を
どうするかという建設的な発想に結びつきにくいからです。
 逆に「ここまでは出来た!さあ、次はどこに留意して取り組もう
か」と前向きに自己肯定できる人は、成長の可能性が高まります。
なぜなら、今の自分のレベル(今あるもの)を明確に把握すること
ができ、次のステップへ進むためのポイントが鮮明になりやすいか
らです。
 さて、この話はそのまま講師にも当てはまります。「私は講師と
して、まだまだです」という謙虚な姿勢は好ましいものの、やたら
と講演会やセミナーに参加したり、手当たり次第にビジネス書を読
む人を多く見かけます。
 その中には得た情報・知識を自分のものとして咀嚼し、パワーア
ップして選ばれ続ける講師になっていく人もいますが、大半は鳴か
ず飛ばずに終わります。
 講師としての“今あるもの”を認識せず、行動量だけで満足して
しまうからであり、次回はこの点の改善策について解説します。


-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』