メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

プロ意識を体現する(13)占部正尚

■ワンポイント・エッセイ
プロ意識を体現する(13) 謙虚以上、傲慢未満(その9)
                    占部 正尚

 受講生が研修終了後に記入してくれたアンケートの結果は貴重
な情報源ではありますが、中にはネガティブな指摘も含まれてい
ます。
 例えば、「配布資料が多過ぎる」「板書した内容はテキストに
書いておいて欲しい」「演習が多くて、もっと講師の話が聞きた
い」などが挙げられます。
 これらの指摘には必ずと言ってよいほど、「資料が詳しくて分
かりやすい」「板書されたことでポイントがより明確になった」
「演習が多くて、実践的に身についた」など、ポジティブなコメ
ントがネガティブなもの以上に寄せられます。
 さて、ネガティブな指摘を書く人の傾向として「楽して学びた
い」という気持ちが根底にあるようです。したがって、目を通す
分量やメモする分量が増えたり、頭を使う時間が長くなると、苦
労が増えたと感じ、講師に対する不満となって表面化するのです。
 しかし、スキルアップのためには、研修に限らずスポーツでも
音楽でも芸術でも、多少の負荷を乗り越えることが肝要であり、
楽して何かを身に付けようという姿勢そのものに問題があります。
 残念ながら、アンケートで後から何を指摘されたとしても、
講師としては好ましくない姿勢を正してあげることはできません。
 むしろ、負荷を乗り超えた受講生のポジティブな感想を尊重し、
講師としての強みと考える方が、選ばれ続ける講師になるための
近道といえます。


  • この記事を書いた人
soshikan

soshikan

-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』