メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

選ばれ続けるための条件(8)占部正尚

■ワンポイント・エッセイ   選ばれ続けるための条件(8)
               ビジョンを語り合う 最終回   占部 正尚

 顧客企業・団体から講師の依頼を受けたとき、担当するテーマ
に関して、その組織が5年後・10年後にどうなっているか、す
なわちビジョン(将来像)をイメージできていますか?
 マナー研修であれば、社員・職員の皆さんがマナーを通してど
のように顧客満足度の向上に貢献しているか、戦略系の研修であ
れば、どのように環境の変化に適応して事業を進化させているか
を鮮明にイメージしてはじめて説得力と迫力に満ちた研修が実現
します。
 さて、皆さんは研修担当者やキーマンとビジョンについて語り
合っているでしょうか。その回を無難にこなすための準備に終始
してはいないでしょうか。
 研修業務を平均点でこなす講師は、顧客企業にとって“一業者”
に過ぎません。一方、研修を受けた社員・職員が創り出すビジョ
ンを語り合える講師は、“パートナー”として認識していただけ
ます。
 中には「オーダーした研修プログラムをこなしてくれるだけで
いい」というスタンスの担当者もいます。これは、研修を実施す
ること自体が目的であり、効果やビジョンにまで考えが及ばない
残念なケースです。
 しかし、そういった場合でも少しずつビジョンを語りかけてい
けば、「この講師と付き合っていると、いいことがあるかも知れ
ない」との気づきが生まれる可能性が高まります。
 選ばれ続けるための条件、それは顧客から“パートナー”とし
て認識していただくことなのです。


  • この記事を書いた人
soshikan

soshikan

-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』