メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

講師の5W1H(10)占部正尚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年3月26日-




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ワンポイント・エッセイ     講師の5W1H


第10回:WHERE(どこで)その2   占部 正尚




 登壇するとき、「WHERE(どこで)講義するのか」について


深く考えていますか?


 ある講師は、大手飲料メーカーの社員研修に登壇した際、不用意


にライバル企業製の缶コーヒーを会場に持ち込み、それを見た研修


担当者から不評を買って出入り禁止を喰らいました。


 また別の講師は、A社の社員研修の場で、悪いケースとして業種


の異なるB社の失敗例を話したところ、
なぜか受講生の表情が曇り、

その後は講師として呼ばれなくなりました。


 後にB社はA社の資本傘下にあり、たとえ社名を伏せてもA社の


社員であれば察しが付くということが判りました。


 このような事例を聞いて、「講師として、まだまだ浅いな」と笑


うことができますか?


 実は、両講師ともキャリアは10年以上のベテランで、登壇回数


も年間50回を超えます。専門分野の知識量や、講義の基本的な進


め方には定評があります。


 しかし、忙しくなればなるほど、一回あたりの登壇への情熱や注


意力が希薄となり、顧客企業に関わる情報収集や考察が疎かになり


がちです。


 年間100回以上登壇する選ばれ続ける講師は、「WHERE


(どこで)講義するのか」を常に意識し、
そこでどんな情報を提供し

たら喜ばれ、何が禁句であるかをわきまえて登壇しているのです。


  • この記事を書いた人
soshikan

soshikan

-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』