メルマガバックナンバー 占部正尚執筆記事

講師の5W1H(4)占部正尚



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年2月5日-




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ワンポイント・エッセイ


講師の5W1H 第4回:WHAT(なに)その2 占部正尚




 お客様から選ばれ続ける講師は、「WHAT(なに)を教えるか」


を常に考え、同じテーマであっても他の講師には真似のできないオ


リジナリティーに溢れる講義ができます。


 このオリジナリティーを生み出すために必要な3要素について説


明します。


 まず大切なのは「事例」です。業種や業界ごと、あるいは職種別・


社員の年代別に、テーマに沿った具体的な事例を多く持っている講


師は、「引き出しが多い」と称され評価が高まります。


 次に必要となるのは「自分の経験」です。たとえ「事例」を多く


持っていても、一般論が中心だったり、他者の経験談だけでは話に


深みがなく、受講生が興味を抱いて聴こうとはしません。


 例えばマナーがテーマである場合、お辞儀の仕方を詳しく解説す


るだけではなく、自分が丁寧にお辞儀をして相手に気に入られ、仕


事が上手くいった話など、できる限り事例に自分の経験談を盛り込


むことで説得力が増します。


 最後に重要なのは「周辺知識」です。自分の専門分野の知識・情


報に付加価値を持たせることは、オリジナリティーに直結します。


 マーケティングを例にとると、心理学の知識があれば、ターゲット


となる消費者層の購買意欲をどう高めるかについて、
より実践的な講

義ができます。


 ぜひ、お客様にとって“オンリーワン”の講師になれるよう意欲的


に取り組んでください。




-メルマガバックナンバー, 占部正尚執筆記事

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』