メルマガバックナンバー 大嶋利佳執筆記事

現代に活かす武道歌(19)

 毎月第1,3金曜日は、歴史上有名な武士や武芸者が詠んだ短歌「武道歌」を紹介しています。(今月は第2,4とします)
 古くから伝わる言葉の中には、少し視点を変えて読めば、現代に生きる私たちにも役立つものがあります。
 今月も、柳生家の家臣、庄田喜左衛門(江戸時代前期 生没年不明)の歌を取り上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いろいろの智恵の病を去りて知る 
       我が兵法の実(まこと)いつはり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「智恵」と言えば普通はよいものですが、ここでは「病」とされています。そして、病を除かなければ、兵法の真偽は分からないと
述べています。
 現代人の私たちは、兵法を自分の考え方や働き方と置き換えてみましょう。いかに「智恵の病」に毒されているかに気づくのではないでしょうか。日々、ネットニュースや雑誌のメディアから、様々
な情報が発信されています。それらは一見、最新で必要な「智恵」のように見えますが、そうしたものに影響されていては、物事の真偽は分かりません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メルマガバックナンバー, 大嶋利佳執筆記事

© 2022 講師道錬成道場『雙志館』