メルマガバックナンバー 大嶋利佳執筆記事

現代に活かす武道歌(37)

 毎月2回、第1、3土曜日に歴史上有名な武士や武芸者が詠んだ短歌「武道歌」を紹介しています。古くから伝わる言葉の中には、少し視点を変えて読めば、現代に生きる私たちにも役立つものがあります。
 今月も、戦国時代末期に創始された一刀流に伝わる歌を取り上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 かたちには器用不器用あらばあれ 真実ふかき人は至らん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 何ごとにも、外見や格好をうまくつけられる器用な人もいれば、そうでない人もいます。それについてこの歌は「あらばあれ」、つまり「あってもどうでもよい」と述べます。いずれにしても、物事の本質を深く追求する人が高いレベルに至るのです。人と比べて「自分は不器用だ」と思っても、自信を失うことなどありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メルマガバックナンバー, 大嶋利佳執筆記事

© 2022 講師道錬成道場『雙志館』