雙志館空手道部 主宰 大嶋利佳

(撮影 宮崎真)

経歴

都立高校1年時から部活動として空手を始める。
高校3年時に、全国高等学校総合体育大会空手道競技部門、女子団体型の部で優勝。
大学1年時に(社)日本空手協会にて初段認定。以後、空手から遠ざかる。

40代中盤になり、更年期による心身の不調から「何か運動をした方がいい」と、空手の再開を考え始める。

2008年、「代官山カラテスクール」に入会。入会1年後からは指導補助を務める。

2010年に初段取得、指導員となる。その後二段と認定される。

2012年、極真空手道連盟極真館 東京千鳥支部(現 極真武道連盟 極真拳武會)に入門、翌年、型錬成大会に出場し準優勝。

2016年、習志野市市民体育大会空手道競技会に出場し、シニア女子形の部で3位入賞。全日本空手道連盟において1級に認定される。

2017年、引き続き習志野市市民体育大会空手道競技会に出場、シニア女子形の部で優勝。
全日本空手道連盟において初段に認定される。それを機に、雙志館空手道部を創設。

2018年4月、放送大学大学院修士課程に空手道研究をテーマとして入学。

2020年3月、同大学院修了。日本武道学会会員となる。

以後、空手道の稽古と指導、研究を行っている。

→講師プロフィールはこちら

 

テレビ出演

空手愛好家としてテレビ出演も。

■2016年4月 テレビ朝日 お願いランキング 稽古風景とインタビュー
大嶋利佳 空手テレビ

 

■2016年3月 NHKBS1 美スポ!試し割り披露
大嶋利佳 空手テレビ

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』