雙志館空手道部 監督 野口勝彦

経歴

2001年 42歳でフルコンタクト空手道場『世界空手道連盟 真樹道場』入門。極真会館主席師範を務められた真樹日佐夫宗師に師事する。
同道場にて黄色帯の時から初心者クラスの指導を任される。

2009年 初段取得 本格的に後輩の指導に当たる。
同年、空手の指導に関する見識を深めるために『代官山空手スクール』に入会。ここで大嶋利佳氏と出会う。

2017年 二段取得 更なる奥義を追求しつつ、後輩の指導に当たる。
同年、『代官山カラテスクール』にて指導員として2019年までの2年間クラスを受け持つ。

2020年 『雙志館空手部』冬合宿に参加。これを機に同団体の指導に携わることとし、監督に就任し現在に至る。

© 2021 講師道錬成道場『雙志館』