雙志館空手道部

雙志館の活動のひとつとして、「空手道部」を創設いたしました。

この活動は、空手を通じて人前で話をする際に欠かせない、良い姿勢や大きな声、堂々とした態度を身につけよう、という趣旨で行います。講義講演を行う講師、コンサルタント業の人だけでなく、スピーチやプレゼンテーションが上手くなりたい、というビジネスパーソンにもお勧めいたしいます。

2018年10月8日稽古集合写真
代官山カラテスクール(所在地表参道)にて

人前に立つ場面では、日ごろ心身を鍛えていなければ、効果的な話はできません。どんなに内容を伝えようとするにも、声が小さい、姿勢が悪い、緊張しあがってしまうなどということでは、ビジネスパーソンとしての活躍は望めないでしょう。日ごろからの心身の鍛錬がその人の存在感につながります。そのために空手は大変向いています。

当空手道部の活動は基本、型を中心とし、あわせて発声練習なども行います。空手未経験者、初心者歓迎です。

「運動不足を解消したい」「ひとりでもできる運動法を習得したい」そして「ビジネスの場で堂々とした態度を示し、説得力のある話ができるようになりたい」という方のご参加をお待ちしております。

 

■2019年8月18日 厳島神社奉納演武会に参加

 

指導者紹介

【主宰】大嶋利佳
→プロフィール
【監督】野口勝彦
→プロフィール
【部長】藤原敬行
→プロフィール

 

空手道部の稽古について

通常は毎週日曜日の午前中、都内の公共スペースなどで稽古を行っておりますが、
現在は諸事情によりオンライン(ZOOM)での稽古になります。
今後は状況を見ながら、リアルの稽古も再開していく予定です。

■毎週日曜日 10時~11時30分
※主催者側の都合により中止、日時変更になる場合もあります。

■オンライン稽古
ご自宅などからZOOMでご参加いただきます。

■服装など
道着、または運動ができる服装でご参加ください。

 

参加方法

空手道部に参加ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
→お問合せフォーム

 

受講者感想と推薦の言葉

2019年5月12日 タワーホール船橋。トーストマスターズクラブ日本語スピーチコンテスト全国大会にて。

私が利佳先生からスピーチの指導を受けたのは、スピーチコンテストの全国大会1週間前でした。自分では充分に仕上げたつもりでも、なんだかしっくりこない。なんとかしたい一心だったのですが、たった一度そのスピーチをしてみただけで、私が心の奥底で納得していなかった点、それがなぜ「しっくりこない」のかを明確に指摘。ものすごく衝撃を受けました。

そこから私が紡ぎたかったメッセージを引き出し、どう聴衆とコネクトさせるかを形作るまで、たった2時間。

あの指導がなければ全国優勝することはなかった。今でもそう思っています。

その後研修講師としても活動を始めたので、雙志館での空手指導も受けるようになりました。誰かに何かを教えるのなら、自分も教わる立場を確保して、相手の立場も理解する。心だけでなく身体も鍛えて講師としての「軸」を作り上げる。空手を通して利佳先生から教わったことです。

2019年8月 白帯から黄色帯へ昇級

人前で話すことを生業としている皆さん。空手を通して軸のある話術を磨いてみませんか?空手と聞いて尻込みしてしまいそうですが心配ご無用。運動経験ゼロの私でも1年たてばその面白さと話術向上とのつながりがわかるようになってきましたから。

キャリアコンサルタント・研修講師
2019年トーストマスターズ日本語スピーチコンテスト 全国第一位

柴田登子(雙志館メンバー)

→プロフィールはこちら

© 2021 雙志館 空手道部